院長の「なんていうか」日誌

みやけゆう歯科医院のオフィシャルページ

チョコレートの行方


さてバレンタインデーの前日である。
診察に来ていた中学生男子に聞いてみた。


「今年のバレンタインは何個くらいチョコレートもらえそう?」


「いやー、10個くらいっスかね。ハハッ」


この中学生、なんたる自信であろう。


三宅が10個以上一度にチョコレートをもらったのは
後にも先にも歯医者になった翌年だけだ。
「ああ、歯医者になるとモテるものなのか」と思った。


しかし歯医者2年目になると
チョコレート数は激減したのだった。



理由は未だ謎ということにしてある。