院長の「なんていうか」日誌

みやけゆう歯科医院のオフィシャルページ

春の風呂場

このところ北見市の気温は

最高気温が20度前後で最低は一桁ほど。

 

最低気温だけを知れば夜間だけでも

暖房を入れたいところであるが、

その挙げ句に昼間になって

暑くてしょうがないという現象が起こりうるので、

我が家では夜間の暖房を我慢することが多い。

 

それは良いのだが、

ひとつ気になることがある。

1日の終わりに毎日風呂に入るのだが、

風呂場が寒いのである。

 

それは家の構造や暖房システムの違いによって、

どこのお宅でも同じではなかろうが、

三宅家は暖房を入れていなければ

はっきりと風呂場が寒いのだ。

 

そうして今日も入浴の際に、

三宅が小さい頃の実家の風呂場が

今では信じられないほど寒かったのを

思い出す様になった。

 

感覚的には『壁に囲まれた冬の露天風呂』

のような感じであろうか。

 

ある意味オツだが、

あまり再現はしたくない気持ちである。

 

風邪ひかない様にしよう。